〔日本國際志工2017心得〕張郁翎|高雄第一科技大學 應用日語系 一年級|京都サバエ教育キャンプ場

起初,我會參加ICCPJ的原因是「只要兩萬就可以在日本生活一個月,賺!」、「能消磨暑假空閒的時間,同時還能練習自己的口說能力,賺!」所以我來了。 

不過我在這裡也學到了非常多的技能,像是如何升火,我還記得當初傻傻地拿濕的草去當燃燒物,所以我當天就吃了生雞蛋當早餐,不過到了隔天就去模仿昨天有成功升起火的日本人,於是終於吃到熱騰騰的水煮蛋,真好吃,又很有成就感。 

料理也是,人生中第一次握菜刀,切不完的小黃瓜和紅蘿蔔,煮百人份的菜,直到現在回到台灣後,我至少已經可以煮簡單的菜了,廚藝大進步!我們也做了很多其他的事,掃木屋、掃沙灘、洗碗、搭帳篷、烤棉花糖、介紹台灣....等等。雖然很累,但累得充實! 

其中在這裡我遇到最印象深刻的事是クッキングキャンプ(cooking camp),我一個外國人帶九個小一小二的女生,三天兩夜,過的水深火熱啊!有因為想睡覺就用哭的方式解決的孩子,一個早上九個人裡有四個人同時牙刷不見,強迫她吃菜就會嘔吐的女孩子,一堆突發狀況,再加上有時語言不通,真的就是雙重打擊!壓力很大,哄她們睡覺後,還要開會到凌晨,隔天又要早起去應付那些孩子。我曾經在那些孩子們面前兇過、哭過、唸過、懊悔過,但是我們也一起笑過,打了這麼多文字其實是因為我真的好愛她們,好想她們,我永遠不會忘記在營隊結束後,她們在車站裡衝過來抱著我時的感動,用小手抓著我的手不讓我離開,家長最後還要求我跟她們的小孩合照,也許我被家長認同了吧我想。 

再來支撐我繼續待在營隊的精神動力就是homestay的「家人們」了,其中我最有感情的是第二家的homestay,我們是住在一個名叫真如寺的一個寺廟裡,爸爸是和尚,媽媽是茶道老師,有6歲和4歲的男孩子們,真的是非常熱鬧的一家人,每一次飯給我們吃都有他們的用心,像是有一天煮的一道菜特別的酸,最後媽媽還解釋說因為看到我們每天那麼累,酸酸的剛好可以緩解疲勞感,那麼的貼心!還有孩子們每天都會早起送我們出門,明明還可以多睡一點,爸爸也每次主動跟我們交流台灣的事情,讓我感到非常地親切,而我們在最後一晚時,每個人都是哭著吃晚餐的,不想離開這個溫暖的地方,媽媽也跟著我們一起哭,說了很多感性的話,就算到了隔天早上的早餐,大家也都還是哭著吃早餐,吃(哭)完後還收到了他們全家一起做的卡片,真的非常感動!然後又哭了哈哈。 

不過最後我還想感謝跟我一起在京都ymca的夥伴們,王若涵和林韋伶,雖然我嘴砲了一點,不中用了一點,但是謝謝你們包容我,有困難的時候幫助我,跟你們在一起的時光真的很好玩也很舒服,認識你們真是太好了。有機會的話,我還想再參加。

最初、私はICCPJを参加する原因は「二万元だけで日本で一ヶ月の生活ができる、安い!」、「夏休みも暇だし、日本語の練習もできるし、いい!」だから、私が来た! 

だけど、私も色んなことを学んだ。例えば火を起こすこと。当時、私は濡れた草を火を起こそうと、なにもできなかった。最後生卵を食べちゃった。でも、翌日は昨日ゆで卵を成功した日本人の動きを真似して、火を起こすことができた。やっと、ゆで卵を食べた。美味しかった。 

料理もあそこで学んだ。人生初めて包丁を使って、たくさんのきゅうりと人参を切って、百人分の料理を作った。台湾に帰っても、簡単な料理ができた!料理の腕は上手になれると思う。そして、私たちもたくさんのことをしたんだ。キャビンと浜の掃除、テントを張る、マシュマロを焼く、台湾の紹介など。疲れたけど、充実だ! 

一番印象残るのはクッキングキャンプだ。私は外国人なのに、一人で9人の小学一、二年生の女の子たちのキャンセラーになった。二泊三日、めちゃくっちゃ大変だった!眠い時にすぐ泣いた子、ある朝9人の中で4人の歯ブラシがなくした、無理矢理に嫌いな食べ物を食べると吐く子、いろんな突発的なことを起こしたんだ。それに、時々言葉が通じなかったら、私にとって、ダブルパンチだった!ストレスがたまらなかった。 

私はあの子達の前で怒ったり、泣いたり、呟いたりすることがあったけど、一緒に笑ったこともあるんだ。正直に言うと、あの子達は、私は本当に好きだ、大好きだ!キャンプが終わるときに、あの子達は駅で私を抱きしめたり、小さいな手で私の手をしっかりと握った。それに、お父さんとお母さんは「幸リーダー、子供たちと一緒に写真を撮ってくれませんか?」と聞いて嬉しかった。多分、私はリーダーとしてみんなが認めたと思う。 

そして、今までのキャンプ生活を過ごした私を支えられたのはホームステイの人だ。その中に私は江上家族が大好きだ!私たちは真如寺という寺に住んでいた、お父さんは坊主、お母さんは茶道の先生、6歳と4歳の男の子、とても賑やかな家族だった。 

最後、私と一緒に京都ymcaに行ったわかとリリに感謝したい。不器用な私に優しくて、困った時に手伝ってくれてありがとう!君達と出会ってよかった。もし、機会があったら、私はもう一度ICCPJを参加したい。


漂亮的京都サバエ教育キャンプ場

當時用來煮水煮蛋的鐵罐(已燒過)

跟第一家寄宿家庭的人去壽司店吃飯


三個台灣人在住的地方的合照

休假時去聖地巡禮(電影:明天我要和昨天的你約會)椅子上的簽名是福士蒼汰和小松菜奈

在クッキング的營隊結束時小朋友送給我的紙條,紙條上面寫的意思是最喜歡了

在休假時去看了祇園祭

在琵琶湖裡滑獨木舟



留言